ダイエット 

  

値を下げる

ウエストを測る女性

肥満の人はコレステロール値を下げるために努力をしましょう。食生活に気をつけることはもちろんですが、コレステロール値を下げるためには、積極的に酢を摂ることです。酢は血液中のコレステロールを減少させる役割を持っています。 酢と言っても、黒酢や穀物酢や果実酢などがあり、どれを摂取すればいいか悩む人も多いでしょう。しかし、コレステロール値を下げる作用はどの酢でも持っています。ですから、酢の種類に悩む必要はありません。 ただ、コレステロールを値を下げるために酢を飲む場合、原液のままでは刺激が強いので5倍以上薄めて飲むことです。また、最近は飲料用の酢も増えましたが、十分な量の酢酸を含まないものもあるので注意しましょう。

酢だけを飲むのもコレステロール値を下げるのに効果的ですが、フルーツと酢を一緒に摂取するのも良い方法です。最近は、甘いフルーツとすっぱい酢の組み合わせが、ダイエットに効果があると言われています。 フルーツの種類は無数にありますが、中でもバナナやキウイに酢をかけて食べる人が多いです。酢に含まれる有機酸には、フルーツに含まれる栄養素の働きをより活発にさせる作用があります。そして、バナナは血液を下げる効果がありますし、キウイは食物繊維が豊富です。それに酢を合わせることで、相乗効果が期待できます。 バナナやキウイを食べやすい大きさに切って、酢をかけるだけで作ることができるので、手軽なダイエット食と言えるでしょう。